米国Google本社 元副社長村上憲郎氏が再びD2Kに登壇!!『海を渡れ!グローバルを体感しろ!』今回はなんと事前申込で無料!【第87回D2K】

米国Google本社 元副社長村上憲郎氏が再びD2Kに登壇!!
『海を渡れ!グローバルを体感せよ!』IT&グローバルセミナー
今回はなんと事前申込で無料!【第87回D2K】

元Google 米国本社 副社長 兼 Google Japan 代表取締役社長 株式会社村上憲郎事務所 代表取締役 村上憲郎 D2K代表 株式会社ペンシル 代表取締役 覚田義明

私は「日系地球人」です。
これは、以前セミナーで聞いた衝撃的なフレーズです。
元グーグルの社長の村上憲郎さんのセミナーです。

あの感動的なセミナーが忘れられず、
もう一度聞きたい、できれば福岡で聞きたいと思い。
村上さんにお願いして特別に講演していただくことになりました。

時代はドンドン変わっている。
グローバルと言っても10年前とは全然違う。
過去の話なんて役に立たない!だったら行くしかない!体感するしかない!
そんなホンモノのグローバルを見てきた村上さんに、背中を押してもらおう!

米国Google本社 元 副社長 村上憲郎氏による貴重な講演です!
ITに興味があるかたも、そうでない方も、ぜひご参加ください♪

※申込多数により、立見になる場合がございます。
 予めご了承下さいますよう、お願い致します。

今回のD2Kのインターネットによる参加申込みは、締め切らせていただきました。
たくさんのご応募、ありがとうございました。

今後のお申込みはD2K公式facebookから
https://www.facebook.com/D2K.JAPAN

D2Kの様子はD2K公式facebookでもご覧になれます。

【第1部・セミナー】
今こそグローバル。経営者や若者がグローバル時代を生き抜くために

講師:米国Google本社 元 副社長・村上憲郎事務所 村上憲郎氏

2020年の国家的大イベント以降の日本は、どうなるのか?世界から日本へ、日本から世界へ、グローバルな動きは、きっと加速する。
今日の続きが明日ではないのだ。

そんな目まぐるしく変わるグローバル時代を生き抜くために
私たちは何を覚悟すべきなのか?
今のままのどこを変えなきゃいけないのか?
そんなことツベコベ言ってる前に、先ずは、海を渡るのだ!

米国Google本社 元 副社長 村上憲郎氏は、教えてくれる!
日々変化するグローバル時代に、必要な資質とは何か?を!
力強い一歩の踏み出し方を!
グローバルは、頭じゃないことを!
きっと難しい本を読むより目が覚める!

<村上憲郎による講演内容紹介>

グローバリゼーションの3つの段階。
自分自身、会社、組織のグローバル化
(1) インターナショナルになる
(2) マルティナショナルになる
(3)トランスナショナルなる。
この3点について解説していただきます。楽しみです。

その他にこんなことも話されるかも・・・・

●グローバル化された世界の公用語は、英語
●20万部売れた村上さんの英語必勝法
●反転授業・Massive Open Online Courses (MOOCs)
●インターネットの新地平
●グーグル・グラス(Google Glass)・AR: AugmentedRealty(拡張現実)
●スマート・コンタクトレンズ・ウエアラブルからインプランタブルへ
●神経系統との結合

●スマートTVとは・プラットフォームレイヤー・物理レイヤー
●Chromecast・アプリケーションレイヤー・コンテンツレイヤー

●Smart Grid : 賢い電力網・スマートグリッド
●IoT 2018年末80億台のIoTデヴァイス
●スマートグリッドが切り拓く ICTの最前線=IOT(Internet Of Things)

●ビッグデータ 1.0 ●ビックデータ 1.5 ●神経細胞(ニューロン)
●ビッグデータ 2.0へ ●米国のイノべーション戦略の進展
●アンドロイドへの2つの道

講演内容は変更される場合があります。

【第2部・セミナー】
シアトル・シリコンバレー インターンシップ希望者・参加者募集!

講師:ペンシル社長・ペンシルアカデミー代表理事 覚田義明

『海を渡れ!グローバルを体感せよ!』
シアトル&シリコンバレー・インターンシップ参加者募集!
<ペンシルアカデミー・インターンシップ>

今こそグローバル!
変化の激しいこの時代を生き抜くためには、
グローバルをその身体で体験するしかない!

●グローバルを学び
●グローバルを体験し
●グローバルなビジネスを体感する!
★英語は必要なし、情熱がある経営者を求む!

このインターンシップは、志の高い若者や経営者の方々に、
グローバルを体感するチャンスを提供するものです。

<ペンシルアカデミー・インターンシップ概要>

●英語は不要。英語よりも情熱!
●渡米費用を支援
●住居費用を支援
●経営講座・グローバル講座も無料提供
●インターンシップ先をペンシルが準備
●事前研修をペンシルで実施

<僕の体験をみんなの体験に!>
株式会社ペンシルの代表である覚田義明は、50歳にしてサンフランシスコに3ヶ月間滞在し、サンフランシスコのWEBコンサルテイング会社にてインターンシップを強行しました。

その実体験から、海外に住んで仕事を体感することの大切さを学びました。
そこで、若い人たちに同じ体験をしてもらいたいと考えたのがペンシルアカデミーの「シアトル・シリコンバレー・インターンシップ」です。

ペンシルアカデミー・インターシップでは、AmazonやMicrosoftがあるシアトル や、GoogleやAppleがあるシリコンバレーに1〜2ヶ月滞在し、グローバルな生活を体験する。現地のセミナーやイベントを受ける。米国の会社で働いてグローバル企業を体感する。渡航費用・住居費用・企業インターシップ先などを提供いたします。

グローバルを学び、グローバルを体験し、グローバルなビジネスを体感する。
インターンシップ制度の内容を、覚田義明本人の生の声で解説します。

旅行ではない!出張ではない!1ヶ月以上、米国シリコンバレーに住んで働く!
若い時のグローバル体験は、お金を貰ってでもやりましょう!
http://www.pencil-academy.org/SiliconValley-internship/

【第3部・パネルディスカッション】
「グローバル時代を生き抜くために」村上憲郎・覚田義明の対談

ペンシルアカデミー代表理事:覚田義明
ペンシルアカデミー理事:村上憲郎

今までと違うお試し新D2K方式!

  • ●『参加登録証』の持参不要にします。自己申告制にします。
  • ● 事前WEB申込で0円です。
  • ● 事前申込なしは参加費2000円です。★おつりのないようお願いします★
  • ● 学生は学生証の提示で参加費無料です。
  • ● フェイスブックからの申込OKです。

★ 名刺もしくは氏名・メールアドレスが記載されたものをご持参下さい。
  受付として1枚、名札用に1枚ご用意ください。

開催日時 2015年6月22日(月)19:00~21:40
            (受付開始18:45)
会場 電気ビルみらいホール   http://www.denki-b.co.jp/mirai/
(福岡市中央区渡辺通2丁目1番82号・4階)
定員 200名 定員を超えた場合は立ち見となります。
参加費 2000円【事前登録で0円(無料)!学生無料!】
主催 D2K(デジタル大名2000)
FBページ https://www.facebook.com/D2K.JAPAN
元Google 米国本社 副社長 兼 Google Japan 代表取締役社長
株式会社村上憲郎事務所代表取締役 村上 憲郎
米国Google本社副社長 兼 Google Japan代表取締役社長を経て、Google Japan名誉会長に就任。退任後、株式会社村上憲郎事務所を設立する。国際大学GLOCOM主幹研究員・教授。慶應義塾大学大学院特別招聘教授。大阪工業大学客員教授。会津大学参与。
主な著書に『知識ベースシステム入門』(インフォメーションサイエンス社)、『村上式シンプル仕事術』、『村上式シンプル英語勉強法』など。大分県佐伯市出身。京都大学工学部。
 
D2K代表・ペンシルアカデミー代表理事
株式会社ペンシル代表取締役社長 覚田 義明
SystemSoft社に入社しAppleCenterTenjinの店長、Adobe Illustrator、PhotoshopのSGIプロダクトマネージャーを経て、1995年に究開発型WEBコンサルティング会社株式会社ペンシルを設立。
ライオン、雪印メグミルク、カゴメ、リンナイ、全日本空輸、日本ベリサイン、トヨタケーラムなど多くの企業のウェブ戦略を成功に導く。
また、2014年サンフランシスコオフィスを設立。
シリコンバレーに米国独立法人 Pencil Inc.を設立。
セミナー受講者は約2万に上る。

【D2Kとは】

D2Kは誰でも参加できるインキュベーションパーティー。
学生、クリエイター、アーティスト、ベンチャー起業家、D2Kを楽しみたいと思う方であればどなたでも大歓迎です!

※申込多数により、立見になる場合がございます。
 予めご了承下さいますよう、お願い致します。

今回のD2Kのインターネットによる参加申込みは、締め切らせていただきました。
たくさんのご応募、ありがとうございました。

今後のお申込みはD2K公式facebookから
https://www.facebook.com/D2K.JAPAN

D2Kの様子はD2K公式facebookでもご覧になれます。